So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

幻想的な幽霊譚-デ・ラ・メア幻想短篇集-

デ・ラ・メア幻想短篇集 ウォルター・デ・ラ・メア

詩的で、ちょっと不思議な短編集でした。

幽霊が出てくるお話が多いですが、そんなに怖くはありません。

「謎」
祖母と暮らすことになった子供達。
子供達は一人ずつ消えていき……。

怖いような怖くないような。

「ケンプ氏」
崖の上の屋敷には、奇妙な男性が住んでいた。

幽霊屋敷よりも、崖の上に辿り着くために四苦八苦するところが面白かったです。

「一瞥の恋」
生まれつきの障害で、上を向くことができず、常に足下しか見られない青年。
女性の手袋を片方拾い、それを持ち主に返そうとするが……。

ハッピーエンドではないですが、美しい話でした。

この本の表紙は、おどろおどろしい絵なのですが、そんなにおどろおどろしい話はなかったです。

「一瞥の恋」の菩提樹の下で青年と女性が過ごすシーンが印象に残りました。

タグ:
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

珠玉のSF短編集-ウは宇宙船のウ-

ウは宇宙船のウ レイ・ブラッドベリ

SF界の抒情詩人ブラッドベリの短編集です。
16篇が収録されています。

「宇宙船」
宇宙に行きたいと思っている男。
でも、家族で宇宙旅行をするためのお金はない。
男は模型の宇宙船を購入し……。

どういう結末になるんだろうとハラハラしましたが、ハッピーエンドでよかったです。

「いちご色の窓」
火星に移住した家族。
でも、妻はホームシックにかかり……。

夫が熱く語る“火星に移住する意味”に感動しました。

「霜と炎」
日が昇ると灼熱地獄、日が沈むと極寒の地と化す惑星に、宇宙船が墜落した。
乗組員の子孫は、放射線により、八日間で急速に成長し死ぬという過酷な運命に翻弄される……。

発想がすごいです。
急速に成長するために始終何か食べてなきゃいけないというのは、リアリティがありますね。
読んでいて、主人公をめちゃくちゃ応援してしまった。

「タイム・マシン」
タイム・マシンを見せてくれるという友達についていくと、そこにいたのは一人の老人だった。
彼が語りだす昔話は……。

優しくて美しいお話でした。
少年たちと大佐の触れ合いが素敵です。
高齢社会に生きる日本人が読むべきお話。

タグ: SF
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:

未知の惑星でサバイバル-ルナ・ゲートの彼方-

ルナ・ゲートの彼方 ロバート・A・ハインライン

高校生のロッドは、未知の惑星でのサバイバルテストに挑む。
だが、テスト期間が終わっても、帰るためのゲートは現れず、ロッドは仲間とともに本当のサバイバルを始めることになる……。

面白かったです。

ネタバレあります。







「十五少年漂流記」とか「蠅の王」系のお話です。

現地の生物との戦い、仲間との確執などなどを乗り越えて、
充実した生活を送れるようになった、と思った矢先に、
帰るためのゲートが現れるって、「そりゃないよ」という感じですよね。

でも、その時知る大人の汚さ、現実世界の厳しさが、本当の通過儀礼なんでしょうね。

タグ: SF
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:

少年の苦悩と成長を描いたお話-パワー

パワー(西のはての年代記3) アーシュラ・K・ル=グウィン

都市国家エトラで、奴隷として生きる少年ガヴィアには、起こった出来事を全て記憶する記憶力と、
まだ起きていない出来事を“思い出す”という予知の能力があった。
ある日、ガヴィアの精神を深く傷つける事件が起こり、ガヴィアは放浪を始める……。

「ギフト」、「ヴォイス」よりも重い話に感じましたが、とても面白かったです。

奴隷制度にそれほど疑いを持たずに生きていたガヴィアでしたが、
ある事件をきっかけに屋敷を出ます。

幼い時から奴隷として育てられた人間が、奴隷制度の“悪”に気づいて、“自由”を知るのは、
難しいことなんだなと思いました。

ガヴィアが放浪して、荒野で老人クーガーと暮らすシーンに、特に心をひかれました。

ガヴィアは二つの川を越えて追手から逃げるのですが、
二つの川には象徴的な意味がありそうですね。
一度死んで、再び生きるという意味かな。

この本で「西のはての年代記」は完結ですが、このあとガヴィアはどうなるのだろう、
エトラに帰ったりするのかなぁ、といろいろと続きが気になります。

nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:

ワクワクする冒険-アブダラと空飛ぶ絨毯

アブダラと空飛ぶ絨毯-ハウルの動く城2 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ

絨毯商人アブダラは、ある日、魔法の絨毯を手に入れる。
その絨毯に連れていかれた庭で、アブダラは美しい姫に出会う。
二人で駆け落ちしようとした矢先に、姫は魔神にさらわれてしまう……。

とても面白かったです。

「ハウルの動く城2」とありますが、アブダラが主人公の冒険物語です。

女性陣が、頭がよくて行動的でかっこよかったです。

大団円で、みんな幸せになるラストがよかったです。

タグ:
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

少女の成長と異なる文化の融和-ヴォイス-

ヴォイス 西のはての年代記2 アーシュラ・K・ル=グウィン

都市国家アンサルは、オルド人に侵略された。
少女メマーは、オルド人への憎しみを胸に育つ。ある日、高地生まれの詩人オレックとその妻グライがアンサルにやってきて、メマーの運命が動き始める……。

「ギフト」から約20年後が舞台です。

メマーは、オルド人に乱暴された母親から生まれた少女なのですが、変にひねくれていなくて、すごくいい子。道の長や第二の母親に愛情をもって育てられたからでしょうね。

メマーは予言を授かる能力を持っているけれど、予言の意味がちゃんとわかるのは、あとになってからなのです。

アンサルが独立(に近いもの)を勝ち取ることができたのは、魔法の力ではなく、現実的な個々の人間の努力によるところが大きいのでしょうね。

大人になったオレックやグライも魅力的でした。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

頑張ればホームズみたいになれるかな?-シャーロック・ホームズの思考術-

シャーロック・ホームズの思考術 マリア・コニコヴァ

コナン・ドイルの書いたシャーロック・ホームズの物語を紐解きながら、直感的で短絡的な<ワトスン・システム>ではなく、徹底的で分析的な<ホームズ・システム>を推奨する。

<マインドフルネス>の素晴らしさについて書かれた心理学の本です。

私はホームズも心理学も好きなので、楽しく読みました。

人間が偏見や思い込み、その他の刺激によって、誤った判断をしがちだということを理解していれば、
もっと慎重に正しい判断をできるようになるのかもしれませんね。
タグ:
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

サイバーパンクという新しい時代を作ったSF-クローム襲撃-

クローム襲撃 ウィリアム・ギブスン

SF短編集です。一部、共作もあります。

「記憶屋ジョニイ」
キアヌ・リーブス主演映画「JM」の原作です。
「JM」は見たのですが、あまりよく覚えていない……。
SFという言語で書いた詩のようなお話。

「ガーンズバック連続体」
失われた未来の写真を撮り続けるうちに、ぼくは失われた未来を見るようになる。
それは完璧な世界……。

結構好きです。
高速道路が八十車線になるところとか。

「ホログラム薔薇のかけら」
パーカーは、去った恋人の記憶を体験する。

純文学っぽいSFでした。

「ふさわしい連中」ジョン・シャーリイとの共作
コレッティは、バーである女性に出会う。
彼女を尾行したコレッティは、彼女の姿が変化するのを目撃する。次の酒場にぴったりの姿に。

世にも奇妙な物語っぽい話でした。

「辺境」
<ハイウエー>。それは、深宇宙との通路。
そこから帰ってきた宇宙飛行士は、狂気に侵されていた。

深宇宙を見てしまって狂うというと、S・キングの短編「ジョウント」を思い出します。

「赤い星、冬の軌道」ブルース・スターリングとの共作
コロリョフ大佐の滞在する宇宙ステーションが閉鎖されることになった。
大佐達はストライキをするが……。

最後に登場する人達が意外でした。

「ニュー・ローズ・ホテル」
おれとフォックスは、ヒロシ博士の引き抜きを計画した。
サンディーという女性を利用して、計画はうまく実行されたかに思えたが……。

ギブスンらしいお話でした。
ニュー・ローズ・ホテルは、成田にあるカプセルホテル。
カプセルホテルって、外国人が見たら変なものに思えるんでしょうね。

「冬のマーケット」
外骨格をつけた少女が作ったプログラムは、大ヒットした。
そして、彼女はネットに融けこんだ。

これも、ギブスンらしいお話。

「ドッグファイト」マイクル・スワンウィックとの共作
ディークは、ある店に入り、ビリヤード台の上で行われる戦闘機の空中戦を見る。
彼は、そのゲームの達人を打ち負かそうとする。

こちらは、あまりギブスンらしくないお話。
出てくる小物はギブスンっぽいけれど、ラストの絶望感がギブスンっぽくない。

「クローム襲撃」
おれとボビイは、暗黒街のボス、クロームのシステムに侵入する。
ボビイにってのお守りは、リッキーという女。

システムへの侵入を視覚的に表現しているところが面白いです。
ハッカーを扱った映画やアニメの原点は、この話なんだろうなぁと思います。

タグ: SF
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

静謐で美しいファンタジー-ギフト-

ギフト(西のはての年代記(1)) アーシュラ・K・ル=グウィン

ぼくは、「もどし」と呼ばれる「ギフト」(能力)を持つ一族に生まれた。
けれど、なかなかその「ギフト」を使えるようにならなかった。
ようやく現れた「ギフト」は「荒ぶるギフト」であり、その能力を抑えるために、ぼくは目隠しをして暮らすことになった……。

少年の成長を描いた、とても美しいファンタジーです。

ネタバレあります。










「ギフト」がなかなか現れないことへの苦悩、父親への尊敬と反発、幼馴染の少女への恋心……
揺れ動く少年の心情が繊細に描かれています。

少年が見せた「荒ぶるギフト」は、父親がやったことだった、と少年は結論づけるのですが、
本当かな。少年の「ギフト」だったのでは……というのは、深読みのしすぎ……?

ラストで、少年は、自分に「物語る能力」があることに気づき、家を出ます。
爽やかなラストでした。
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:

天才物理学者が活躍するSF-マッカンドルー航宙記-

マッカンドルー航宙記 チャールズ・シェフィールド

わたしは、宇宙船の船長。マイクロブラックホールを愛する変わり者の天才物理学者のマッカンドルーとともに、様々なトラブルを乗り越えていく。

とっても面白かったです。

第一話 キリング・ベクトル
第二話 慣性モーメント
第三話 真空の色彩
第四話 <マナ>をもとめて
第五話 放浪惑星

第二話で、マッカンドルーは画期的な宇宙船を発明するのですが、
その宇宙船に乗ったマッカンドルーが行方不明になってしまう。

宇宙船はどこにいたのかというと……言いたいけど、言えない(笑)

宇宙船の船長、ジーニーとマッカンドルーの関係が、大人っぽいおしゃれな感じでした。

SFとしてのアイディアが面白いし、キャラクターも面白くて、読みやすいSFでした。

タグ: SF
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:
前の10件 | -
メッセージを送る