So-net無料ブログ作成

歴史ミステリの傑作-時の娘-

時の娘 ジョセフィン・テイ

入院中のグラント警部は、暇つぶしにいろいろな肖像画を眺める。
警部が裁判官だと思った肖像画を裏返してみると、甥殺しの悪名高きリチャード三世の名前があった。
この人物が本当にそんな悪人なのか?
警部は歴史書を紐解き、推理を始める・・・。

舞台は病室のみ。でも、飽きさせません。
歴史の裏を探る推理がとてもスリリングです。
歴史は創られるものだということがよくわかります。

本のタイトルは「真理は時の娘」という言葉から採られています。

リチャード三世 シェイクスピア
こちらのリチャード三世はバリバリの悪人で、劇の登場人物としては魅力的です。

二冊読み比べてみるのも面白いかもしれません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る