So-net無料ブログ作成

機械生命の目覚め-造物主の掟-

造物主の掟 ジェイムズ・P・ホーガン

土星の衛星タイタンに異星人の宇宙船が着陸し、自動工場を作り出した。
しかし、宇宙船の故障と自然淘汰により、工場で生み出されたロボット達は独自の進化を始めた。
百万年後、タイタンを訪れた人類と機械生命が出会った時、何が起こるのか……。

「造物主の掟」が第一作、「造物主の選択」が第二作です。
私は、「造物主の選択」のほうを先に読んでしまいましたが^^;

「造物主の選択」で出てきたタロイド達のニックネームの由来がよくわかりました。

サーグがザンベンドルフと出会って、タイタンが丸いことを知るシーンが感動的でした。

“限界は心の中にある”という科学に対する信頼感が心地よい。

タグ: SF
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る